ライフスタイルニュースlifestyle news

平屋 表紙
  • 2022.3.31
  • モデルハウス

気になる「平屋」の間取り!今回は平屋住宅の間取りの成功例や平屋モデルハウス見学のポイントなどをご紹介!

群馬県内において注文住宅や新築の一戸建てをご検討されている方で、どんな住宅にしようか?どんな設計や間取りにしようか?と悩まれている方も多いはず。そこで今回は群馬県内エリアにおける平屋の間取りや平屋住まいの特徴をご紹介していきます。

「天井高の空間づくりにこだわった平屋」「開放的なリビング平屋」「らくらくキッチン動線の平屋」など多種多様な平屋があります。今回の記事では、そんな平屋の間取りのつくり方や平屋モデルハウスの見学ポイント、住宅展示場の回り方などなど、ポイントをまとめていきます。

「平屋」の間取りづくりのポイント

一言で「平屋の住まい」と言っても色んな平屋のカタチがあります。例えば「天井高の空間を広く見せる平屋」「広くて開放的で快適なリビングのある平屋」「家族が喜ぶらくらく家事動線の平屋」、「たっぷり収納と収納アイディア満載の平屋」「すっきりデザインされた外観の平屋」などなど。ご希望の平屋を実現する上で、重要となってくるのがお部屋を広く見せる空間設計やご家族のライフスタイルを考えた間取りなど、空間づくりと間取りづくりは大事なポイントになります。そこで、平屋の空間づくりや間取りづくりをピンポイントにご紹介していきます。

平屋には欠かせない「家族と過ごすリビング」のつくり方

平屋にとってリビングは、家全体の中心となる場所であり家族がいつも顔を合わせる重要な場所になります。上下階に分かれて個室がある2階建てよりも気軽に集まりやすいことや、リビングにいても家族がどこにいるのか把握しやすいことが特徴で、家族とのつながりを感じることができることが平屋のポイントになります。また平屋ではリビングを広くしたり多機能な間取りにしたりして、家族みんなで多くの時間をリビングで過ごし家族の成長を実感したいという方が多くいます。

ご希望の平屋の間取りをつくるには、2ldk、3ldk、4ldk・・・など30坪や40坪とその延床面積などによって動線の確保や間取りづくりが大きく変わってきます。
一戸建てでLDKに必要な面積は、3~4人家族で一般的にはおよそ15畳程度が目安になります。ダイニングテーブルとチェア、テレビ、ソファやパソコンコーナーなどを確保できる広さになります。ただし、15畳はあくまでも最低限欲しい広さで、動線に余裕のあるゆったりしたリビングにしたい場合や大きめのソファー・テーブル、こだわりの家具を置きたいご家族など、リビングをもっと充実させる場合は、LDK全体で20畳以上は確保したいところでもあります。そこで、ここからは少しの工夫でできる広々空間のリビングを一部ご紹介します。

勾配天井を活かした吹き抜けリビング

LDKの上部を、屋根勾配を活かした吹き抜けにする間取りはおすすめです。LDKを広く取る場合は、勾配天井にすることでさらに広さを感じられます。横だけではなく縦の高さをつくることで空間をとても広々と感じ、広いリビングにすることができます。照明やシーリングファン、見せ梁や無垢材などインテリア、内装にもこだわれば、デザインされたモダンなホテルや店舗のような高級感のあるおしゃれなLDK空間に仕上がります。

庭とつながるリビング

平屋のリビング設計には多くの工夫ポイントがあります。そのポイントの一つに「お庭とつながる開放的なリビング」があります。例えば、リビングの隣にウッドデッキの庭を施工し、リビングからウッドデッキに直接出入りができるようなリビングの間取りづくりにすることも可能です。お庭に緑や植物を設ければ、日々の生活や時間から開放され、ゆっくりした時間を感じリラックスできる空間にもなります。またお庭を設けることで、リビングに設ける大きなサッシや窓からは十分な陽光を取り入れることもできるので、日当たりがよく、より開放的で光が差し込むリビングになります。十分な敷地の面積を確保できるのであれば、ウッドデッキでお食事をしたり、友人や知り合いを呼んでバーベキューをしたりなど多目的に使えるお庭になります。また、リビングやダイニングとつながっているため、お庭に食事や荷物などを運びやすい動線にすることもできます。

平屋で失敗しないための「収納アイディア間取り」のポイント

平屋の大きな魅力、メリットと言えば、階段のないワンフロアで家族の生活が完結することにあります。またコンパクトな生活動線による暮らしやすさや家族とのコミュニケーションが自然と深まるつながりのある空間なども人気の理由になります。

その一方で、以外と知らない方も多いのが、平屋は2階建てに比べて延床面積が狭いため収納スペースが不足しがちという難点もあります。生活空間が物で溢れてしまっては日々の暮らしやすさが損なわれてしまいます。とは言え収納を重視するあまり居住スペースが狭くなっては快適さが失われ狭い空間で暮らさなければなりません。

そこで今回対策の一つとして、平屋でも十分な収納スペースを確保するために、限られた空間を有効につかうアイデアをご紹介します。

収納上手が活用する「パントリー」

一般的にパントリーとは、食品や飲料をストックしたり、調理器具や日用品を保管したりするのに役立つ収納スペースですが、調理器具や調理家電などキッチンまわりの物だけでなく、日常の生活に関わるものをスッキリまとめるのにも最適なスペースになります。生活感を見せないデザイン性の高いキッチンにするため、冷蔵庫や電子レンジもすべてパントリーに置くケースもあります。

例えば、キッチンから玄関や勝手口、脱衣室などにつながる「通路」を丸ごとウォークスルーのパントリーにすることで、荷物も取りやすく、また家族が毎日使うような荷物を置くことができ、「散らかる」ことを防ぐ間取りにつくることも可能です。
また毎日の家事をする上での、まとめ買いした大量の食料品や、災害時に備えた保存食・飲料などの備蓄にもとても便利に活用できます。

玄関のデッドスペースを活用した「シューズクローク・玄関クローク」

かつての玄関収納と言えばシューズボックスが定番でしたが、最近では靴類だけでなくコートやバッグも一緒に保管できるクロークタイプが主流です。玄関土間とつなげて引き戸つきのシューズクロークを設ければ、急な来客時にもさっと目隠しできてスッキリ美しい玄関を保つことが可能になります。

例えば、

・玄関で上着を脱いでかけておけるので、室内に花粉やホコリなどを持ち込まずに済む
・ベビーカーをいちいち畳まずに置いておくことができ、出し入れがラクラク
・部活動の道具や自転車、ガーデニング用品などの泥汚れも、土間収納なら安心
・家族の趣味につながる大きな荷物も玄関に置けて持ち運びが便利

など、玄関にクロークを設けることで収納も暮らしやすい快適さも追求できます。

「平屋」モデルハウスや実例のご紹介

ここまでの記事でご紹介してきました「平屋」の家づくりを実際に見学したい!という方は是非一度、伊勢崎住宅公園にお越し下さい。実際に平屋モデルハウスのハウスメーカーもありますし、ハウスメーカーにご相談いただければ最新の平屋モデルハウスや平屋の実例をご案内してくれます。先述したような、「大開放の広々リビング」や「お庭とひとつになる、ゆったり平屋」、「勾配天井の吹き抜けのある平屋」などなど。ハウスメーカーによって異なる、様々な「平屋」をご案内することが可能です。また、気になる平屋の価格や2階建てと平屋の価格の違いなど、気になる情報もご相談いただけます。お気軽にお家のイメージを共有してください。最適なプランや施工・設計時のご提案をさせていただきます。コロナウイルスや蔓延防止の影響もありますので、お越しの際は、ご予約かお電話をしていただければスムーズにご案内することができます。気軽にお問い合わせください。事前ご予約の方には素敵なプレゼントもご用意しております。

CRASTY

「平屋の間取り」についてのまとめ

「平屋の間取りづくり」についてポイントをまとめてご紹介しましたが、土地選びや家の間取りを考え始めている方には是非参考にしていただければと思います。吹き抜けやロフトを取り入れることで、面積以上に広く見える空間のリビングにできたり、お庭とリビングをひとつにして大開放の平屋にしたりなど、平屋づくりでできる様々な工夫があります。

伊勢崎住宅公園では、平屋における暮らしの情報があり、何でもご相談できる環境が揃っています。是非一度お気軽にお越しください。最新の情報を揃えてお待ちしております。

住まいの先進技術と快適さが融合した
次世代住宅がみつかる

カタログ請求・見学予約