ライフスタイルニュースlifestyle news

平屋 表紙
  • 2022.3.1
  • モデルハウス

群馬県内で人気の「平屋」住宅!今回はそんな平屋住宅の特徴や平屋モデルハウスのポイントなどをご紹介!

注文住宅や新築の一戸建てをご検討されている方の中にも、どんな住宅にしようか?どんな設計や間取りにしようか?と悩まれている方も多いはず。そこで今回は群馬県内のエリアにおける平屋の暮らし方や平屋の特徴をご紹介していきます。
最近では、ハウスメーカーや工務店でも「平屋」の新商品であったり、人気の平屋シリーズであったりがクローズアップされており、「開放的なリビングが特徴の平屋」「らくらく動線の平屋」など多種多様なモデルハウスがあります。今回の記事では、そんな「平屋」のモデルハウスの見かたや住宅展示場の回り方などについても、ポイントをまとめていきます。

「平屋」の家づくりポイントと特徴

「平屋」のリビング

平屋住宅といえば、開放感のあるワンフロアの広々リビングやLDKをイメージする人も多いのではないでしょうか。20畳、30畳の広いリビングダイニングはゆとりのある暮らしができて家族のプライベートも適度に確保でき、快適な暮らしを実現することができます。

こちらの記事では、個室も確保しながら広いLDKを実現する方法や庭とひとつになった開放感のある平屋づくりなどの間取りやプランづくりのポイントをご紹介します。

平屋で叶う大開放!広々リビング

平屋にとってリビングは、家全体の中心となる場所であり家族がいつも顔を合わせる重要な場所です。上下階に分かれて個室がある2階建てよりも気軽に集まりやすいことや、リビングにいても家族がどこにいるのか把握しやすいことが特徴で、家族とのつながりを感じることができることが平屋のポイントになります。

平屋ではリビングを広くしたり多機能な間取りにしたりして、家族みんなで多くの時間をリビングで過ごし家族の成長を実感したいという方が多くいます。
一戸建てでLDKに必要な面積は、3~4人家族で一般的にはおよそ15畳程度が目安になります。ダイニングテーブルとチェア、テレビ、ソファやパソコンコーナーなどを確保できる広さになります。ただし、15畳はあくまでも最低限欲しい広さで、動線に余裕のあるゆったりしたリビングにしたい場合や大きめのソファー・テーブル、こだわりの家具を置きたいご家族など、リビングをもっと充実させる場合は、LDK全体で20畳以上は確保したいところでもあります。

庭とひとつになるリビングがある「平屋」

平屋のリビング設計には多くの工夫ポイントがあります。そのポイントの一つに「お庭とつながる開放的なリビング」があります。例えば、リビングの隣にウッドデッキの庭を施工し、リビングからウッドデッキに直接出入りができるようなリビングの間取りづくりにすることも可能です。お庭に緑や植物を設ければ、日々の生活や時間から開放され、ゆっくりした時間を感じリラックスできる空間になります。十分な敷地の面積を確保できるのであれば、ウッドデッキでお食事をしたり、友人や知り合いを呼んでバーベキューをしたりなど多目的に使えるお庭になります。また、リビングやダイニングとつながっているため、お庭に食事や荷物などを運びやすい動線にすることもできます。

「平屋」の空間づくりと間取りのポイント

平屋の住まいを選ぶにあたって、「広くて快適なリビング」や「らくらく家事動線」、「たっぷり収納」を実現する上で、空間設計や間取りはとても大事なポイントになります。そこで、平屋の空間づくりや間取りのポイントをご紹介していきます。

リビングに採光を十分に取る

広い空間のお部屋、開放的なリビングをつくるなら、明るさや風通しなどの環境も快適にしたくなります。平屋のリビングを明るく快適な空間にするには、

・日当たりの良い方角に掃き出し窓など大きめの窓を設置する
・LDKを囲む中庭やデッキスペースを設ける
・勾配天井にして天窓やハイサイドライトを設置する

などの方法があります。間取りに応じて最適な方法で明るさや風通しを確保しましょう。

吹き抜けリビング(勾配天井)でもっと広々大空間に

LDKの上部を、屋根勾配を活かした吹き抜けにする間取りもおすすめです。LDKを広く取る場合は、勾配天井にすることでさらに広さを感じられます。照明やシーリングファン、見せ梁などインテリア、内装にもこだわれば、ホテルや店舗のような高級感のあるLDKに仕上がります。

 「家具の配置」で広さや奥行きなどの空間に工夫を

LDKを広くしたはずなのに、実際に暮らし始めるとなんだか窮屈で狭く感じる。という実例もあります。間取り図上では十分に見えたのに住むと狭くなる原因は、家具のサイズや収納の配置の見込み不足が原因のケースが良くあります。間取り図にはダイニングセットやリビングソファ、テーブルなどが書き込まれています。間取り図は、家具や収納のサイズは実際に自分たちが使っているサイズなのか、また収納は足りるのかなどを具体的に見ることが大切です。

「平屋」モデルハウスや実例のご紹介

ここまでの記事でご紹介してきました「平屋」の家づくりを実際に見学したい!という方は是非一度、伊勢崎住宅公園にお越し下さい。実際に平屋モデルハウスのハウスメーカーもありますし、ハウスメーカーにご相談いただければ最新の平屋モデルハウスや平屋の実例をご案内してくれます。先述したような、「大開放の広々リビング」や「お庭とひとつになる、ゆったり平屋」、「勾配天井の吹き抜けのある平屋」などなど。ハウスメーカーによって異なる、様々な「平屋」をご案内することが可能です。また、気になる平屋の価格や2階建てと平屋の価格の違いなど、気になる情報もご相談いただけます。コロナウイルスや蔓延防止の影響もありますので、お越しの際は、ご予約かお電話をしていただければスムーズにご案内することができます。気軽にお問い合わせください。事前ご予約の方には素敵なプレゼントもご用意しております。

「平屋モデルハウス」についてのまとめ

「平屋」についてポイントをまとめてご紹介しましたが、土地選びや家の間取りを考え始めている方には是非参考にしていただければと思います。吹き抜けやロフトを取り入れることで、面積以上に広く見える空間のリビングにできたり、お庭とリビングをひとつにして大開放の平屋にしたりなど、平屋づくりでできる様々な工夫があります。

伊勢崎住宅公園では、平屋における暮らしの情報があり、何でもご相談できる環境が揃っています。是非一度お気軽にお越しください。最新の情報を揃えてお待ちしております。

住まいの先進技術と快適さが融合した
次世代住宅がみつかる

カタログ請求・見学予約