ライフスタイルニュースlifestyle news

ライフゲートモデル表紙
  • 2022.12.1
  • スマートハウス

スマートハウスの住宅展示場ってどこを見る?何ができる?スマートハウスのモデルハウス見学ポイントや注意点、イベントなどをご紹介!

スマートハウスやIot住宅、脱炭素住宅など最近では、環境に配慮しSDGsに取り組むハウスメーカーや住宅展示場が増えています。

そこで今回は、そんなスマートハウスの住宅展示場やモデルハウスの回り方のポイントや注意して見たいところなどを解説していきます。

そもそもスマートハウスって何ができるの?

まずもって、スマートハウスという言葉は知っているけど詳しく知らない方や、スマートハウスの暮らし方が想像できないという方のために、そもそもスマートハウスで何ができるのかをご紹介します。

スマートハウスとは?

スマートハウスとはITなど最新のテクノロジーの力を駆使した住宅のことで、例えばHEMSによってエネルギー使用量を見える化することで消費電力を抑えたりマネージメントしたり、太陽光発電システムや蓄電池などを用いることで電力の自給自足率の向上を図ることができます。蓄電池によって停電時でも電気を使用することができるため、台風や豪雨などの災害被害が増えている現代において、注目度がとても上がっています。

スマートホームとの違い

「スマートホーム」の定義は多々ありますが、主にIOT(internet of things)やAIなどのテクノロジーを駆使して、安全・安心でかつ快適な暮らし、住まいを実現することを「スマートホーム」と呼びます。スマートハウスとほぼ同義で使用されることもあります。よりくだけた言い方をすると、スマートフォン・タブレット・スマートスピーカー・スマート家電・アプリなど様々な生活家電・住宅設備などのデバイスを結びつけ、住みやすくしている住宅のことを総称してスマートホームと呼びます。

スマートハウスやスマートホームの暮らしとは?

具体的に、スマートハウスやスマートホーム化した場合どのような暮らしができるのかをご紹介します。

・太陽光発電による電力のマネジメント
・蓄電池による電力の自給自足
・家電のハンズフリー化
(スマートスピーカーで音声操作=テレビ・音楽機器・カーテン・照明など)
・家電の遠隔操作が可能(外出先からエアコンや電源のオン・オフ、ペット見守りなど)
・スマホをリモコン代わりにできる(照明LEDライト・テレビなど)
・スマホアプリとの連動(音楽・動画配信サービス、健康機器、専用アプリなど)
・ホームセキュリティ(防犯)やネットワークカメラの活用

などがあげられます。

また、暮らしの様々なものをスマート化・スマート家電化することにより、生活のしやすさや利便性を上げ、これまでの生活と違い自動化することで快適な暮らしの向上を目指すことが可能になります。

さらに住宅のスマート化は容易に導入することができることも特徴の一つになります。

具体的には、スマートホームデバイス(スマートホーム化するための様々な装置やスマート家電)を導入することになります。

スマートホームデバイスとはすなわち、Google Home、Amazon Alexaアレクサ、Amazon EchoなどのスマートスピーカーやSwitchBotのような学習リモコンなどが代表的なものとなります。また、インターネット通信やWi-Fiなどとの互換性を高めるスマートホームガジェットなどもあります。

スマートハウスのモデルハウス見学のポイント

では具体的に、これから新築や注文住宅を検討する上で、スマートハウスの何を見ればいいのか。スマートハウスのモデルハウスを見学する際に何に注意して見学すればいいのかなどをご紹介します。

HEMS(Home Energy Management System)

スマートハウスにおいて非常に重要な役割になるのが「HEMS」と言われるシステムになります。HEMSとは、使用電力エネルギーの見える化ができるシステムのことを指します。

普通の住宅では、毎月来る請求書で1か月の電気使用量を把握することができるものの、1時間単位・1日単位までは分かりません。しかしスマートハウスならHEMSのモニター画面でエネルギー使用量を細かく確認することができます。日々のエネルギー収支をチェックすることで、「使用量がどのように変化しているか」「何を無駄遣いしているか」といった点まで理解できるため、住む人の節電意識・エコ意識が自然に高まっていくことが期待できます。

そしてこのHEMSは、各ハウスメーカーや工務店により扱う種類や機能が違います。スマートハウスのモデルハウスを見学する上で、まずはそのハウスメーカーや工務店がどのようなシステムを仕様しているのかを把握しましょう。

太陽光発電システムと蓄電池

太陽光発電システムとは太陽の光を使って電気を創る設備です。創エネと呼ばれることもあります。発電の際に二酸化炭素を排出しないため環境に優しく、余った電気は電力会社に売ることもできるので、場合によってはエネルギーコスト収支がプラスになることもあります。次に、家庭用蓄電池とは、発電した電気や購入した電気を蓄えておくことができる、一般住宅用のバッテリー・充電式の電池のことになります。

家庭用蓄電池があると、台風や地震などの災害で停電が起こった際でも、蓄電池に蓄えておいた電力を非常用コンセントから使用して生活することが可能です。また平常時でも太陽光発電システムによって貯めた電気を夜に使ったり、料金が安い深夜に充電をして昼間に使用したりすることができるため、電気代の削減にもつながります。

そしてこの2つも、ハウスメーカーや工務店など会社によって扱うメーカーや種類が異なります。より自身やご家族が使いやすく、複雑でない種類のものや機能性のものを選ぶことをおすすめします。

実際に伊勢崎住宅公園のスマートモデルハウスに行ってみよう!!

群馬県内最新の総合住宅展示場、伊勢崎住宅公園は、Smart & Technologyをテーマにしたスマートハウスのモデルハウスが6社6邸。理想の家づくりの実現をサポートする豊富なラインナップを取り揃えています。

伊勢崎住宅公園にあるモデルハウスは全てスマートハウスをテーマにしたモデルハウスです。バラエティに富んだIOT設備を設置したスマートハウスをご覧になりたい方は、きっとあなたの理想の住宅のイメージが膨らみます。

住まいのオンライン化、窓の配置やキッチンリフォームに関すること、また耐震リフォームのあれこれなど、各ハウスメーカーが独自にリノベーションやリフォームに関するイベントなども開催しております。もちろん予約なしで当日に見学することもできますし、無料にて見学できます。ご予算に関することや資金計画、土地情報や間取り情報などお気軽にカタログや資料もご請求いただけます。またハウスメーカーによっては、来場アンケートにお答えいただくと素敵な景品やプレゼントをもらえるイベントも実施しています。是非お気軽にスタッフにお声かけ下さい。

モデルハウスだけでなく、様々なイベントも開催しておりますので、注文住宅をご検討中の方だけでなく色んなご家族の方に楽しんでいただけるのも、伊勢崎住宅公園の特徴になります。こちらの記事だけでなく、是非その他ライフスタイルニュースやイベントページもご覧になり、注文住宅の工夫ポイントなどを参考にされてみてください!

まとめ

さて、スマートハウスのモデルハウス見学のポイント記事はいかがでしたでしょうか?

注文住宅や新築をご検討されている皆様のご参考になればと思います。

そして、住宅や住まいに関してお悩みの方は、是非一度、伊勢崎住宅公園にお気軽にお越しください。最新の情報を揃えてご提案させていただきます。またご来場が難しい場合でも、各種カタログや住まいの実例集などの資料も豊富に揃えております。ホームページから気軽にご請求下さい。

また、気になる価格・費用に関する情報もご相談いただけます。コロナウイルスや蔓延防止の影響もありますので、お越しの際は、「事前Web予約」がおすすめです。もちろん、お電話でもスムーズにご案内することができます。気軽にお問い合わせください。

住まいの先進技術と快適さが融合した
次世代住宅がみつかる

カタログ請求・見学予約